冷凍機に用いられる冷媒の種類とは?

冷凍機に用いられる冷媒の種類とは?

人類の日々の生活において、冷凍機の存在は決して欠かすことができません。冷蔵庫や冷凍庫、製氷機にエアコンなどに用いられている大切な技術の一つであり、特定の物や室内などを冷やすのに必要です。この冷凍機のおかげで夏場は涼しく過ごせますし、美味しい食べ物や飲み物を好きなだけ堪能できるようになりました。 この冷凍機には冷媒と呼ばれる熱の運搬役が存在していて、これが上手く働くことにより物や空間の中を冷やすことが可能になります。この場合フロン類や自然冷媒などが用いられることが多く、ものすごく高度な技術が結集していることで知られています。 こういった技術は今後ますます洗練されていくはずなので、世の人々は高度な冷凍機をより安価に利用できるようになります。しかも今後エコの要素も上手に取り入れていくため、地球環境に優しい製品が間違いなく開発されていくでしょう。消費者側も安くて良い製品を簡単に入手できるようになりますし、より快適な未来が待っているはずです。

アンモニアを冷媒とする吸収式冷凍機について

冷凍機とは冷凍技術を使って低温を作り出す機械装置で、蒸気圧縮式や吸収式、スターリング式などがあります。アンモニアを冷媒としている冷凍機は、主に吸収式です。冷媒とは別に吸収液と呼ばれる物質を使用し、再生器で熱を加えることで冷却効果を生む方式です。吸収液には水を使用するため、オゾン層破壊係数や温室効果係数が低く、環境負荷が下がります。 電力消費量が少なく、省エネにも有利です。再生器の加熱源に、他のシステムからの排熱や太陽熱などを利用できます。冷媒の沸点が低いため、低温の冷却が可能です。冷媒の圧力が低く冷凍機の構造が簡単で、故障が少ないのも特徴の1つです。 吸収式は、産業用や地域熱供給などの大規模な冷却や暖房に適しています。食品工場や化学工場などのプロセス冷却に利用され、極低温の冷却にも最適です。冷媒の充填量が少なく、太陽熱や排熱を利用して温度を下げたり暖房を行ったりする環境負荷の低い製品もあります。COPが高く、除害設備を一体化して安全性を高めた製品の購入も可能です。